ベビーシッター等子育てをサポートするサービス色々★ 
ユメタマSHOP(ゆめたましょっぷ) ベビーシッター等、子育て支援サービス色々☆ 

ユメタマトップページユメタマ商品カテゴリユメタマSHOPお支払についてゆめたま運営者の紹介ゆめたま出品者募集ユメタマお問い合わせユメタマ会員登録カートの中
会員専用ページ
商品カテゴリ

 ベビーシッターサービス等、掲載されているサービスについてのご質問は、メール・電話にて受け付けております。
 ご気軽に
『お問い合わせ』からメール、もしくは、下記電話番号にお電話下さい。

受付時間: 9:00〜24:00
※土日祝日も営業しております

ユメタマ事務局電話番号※ベビーシッターサービス等、サービス内容のお問い合わせもこちらへ
つながりにくい場合は、
090-9960-1238(担当直通)までご連絡下さい。

ユメタマおすすめサービス

ベビーシッター
 他のサービスとの併用で便利!連携も取れてるので、安心です。 

家庭教師(小学生)
 勉強だけでなく、お子様の生活習慣・その他課題も解決します。 

料理教室
 ベビーシッター栄養指導と併用するとさらに便利です。

保育士試験講座
 保育のプロを目指す方に!ベビーシッターの登録も行っています。保育への意欲が高い人は是非ご応募ください。

 

ユメタマラボで、ユメタマデコメ無料配布しています。
 小林(ベビーシッター兼会社代表)の趣味で作ってるオマケサイトですが、ぶらりとお立ち寄りください
ユメタマラボ 



“このサイトが役に立った”、あるいは“面白い”と思って頂いた方は、是非ボタンを押して下さい
ユメタマ君のお願い

Check

yumetama_shopをフォローしましょう

 


ベビーマッサージって? 〜ベビーマッサージの基本〜 


ベビーマッサージは、パパやママが、赤ちゃんとスキンシップを取る方法の一つです。
 スキンシップによって赤ちゃんは
リラックスでき、安心してよく眠るようになったり、ミルクの飲みもよくなるということが知られています。「パパやママは君を愛しているんだ」と伝えることもできます。そして、ベビーマッサージは、お座りをしたりハイハイをしたりするときに大切な筋肉も刺激します。
 また、赤ちゃんのお肌は刺激に弱く、乾燥しがちですが、ベビーマッサージに使うオイルのほとんどは、保湿効果も高いので、赤ちゃんの
スキンケアも行えます(オムツかぶれにも効果的です)。
 さらに、ベビーマッサージをすると、
ママのストレスも減ることも分かっています。育児でイライラすることも減って、子育てを楽しいと感じられるようになることもよくあることです。


 ベビーマッサージをしてはいけない場合 (マッサージ前にご確認ください)

    ・ 予防接種を受けたその直後(前はかまいません)はベビマは控えましょう。
    ・ 熱がある場合(目安は37.5℃以上)はベビマは控えましょう。
    ・ みずぼうそう・はしか・おたふく・風疹などの感染症にかかっているとき控えます。
    ・ 湿疹が化膿しているときはベビマは控えましょう。
    ・ 明らかに機嫌が悪いときはベビマは控えましょう。
    ・ ミルクの飲みが少ない・おしっこの回数が少ないなど、体調がすぐれないとき控えます。

 

 ベビーマッサージの準備 〜ベビーマッサージを始める前に、環境を整えましょう〜

    ・ お部屋はちょうどいい室温ですか?
      赤ちゃんは裸になるので、暖かい室温にしましょう。
     大人が薄着でいられる室温がちょうどいいです。

    ・ すきま風は、赤ちゃんのリラックスを妨げてしまいます。
     暖かいお部屋にしても、風があるだけで寒く感じます。
     ドアの開閉がないようにしましょう。

    ・ ミルクを少しあげてから行いましょう。
     満腹だと吐いてしまうのことがありますが、逆に空腹だとすぐに泣いてしまいます。
     お腹いっぱいにミルクを飲んだら、2〜3時間はあけることをおすすめします。

    ・ テレビは消し、携帯電話も鳴らないようにしましょう。
     急に鳴る音には大人でもびっくりするものです。
     できるだけ、ベルが鳴らないようにしましょう。
     赤ちゃんとベビーマッサージを楽しみましょう。

    ・ タオル・オイル・お気に入りのおもちゃ・ミルクの準備。
      タオルは2枚準備します。1枚は下に敷くものです。
     急に『おしっこ』をすることがあるので、予備にもう1枚あると安心です。
      オイルはすぐに足せるように、ポンプ式のボトルがおすすめです。
     ボトルがなければ、小皿に出しておくと便利です。
     赤ちゃんの機嫌が悪くなったときに、お気に入りのおもちゃがあると助かりますね。
     また、ベビーマッサージのあと水分補給が大切です。
     ミルクの場合はすぐに作れるようにしておきましょう。


 ベビーマッサージの実践 〜準備が整ったらやってみよう!〜.

 テキスト等を見ながらのベビーマッサージはやらないでください。
はじめは難しいかもしれませんが、ベビーマッサージは、赤ちゃんとコミュニケーションを取る事が目的です。『赤ちゃんとおしゃべりしながら』、ベビーマッサージをする事が大切です。これを忘れないでください。
※はじめは、テキストを見ながら、人形や、ぬいぐるみで練習してみてください。

〜それではさっそくはじめましょう!〜

《手順 @ 》オイルを手につける


オイルを手につける

    オイルの量は多すぎることはありません。 安心してたっぷりと使いましょう。
    オイルが少ないと皮膚が引っ張られて、刺激になってしまいます。
    少ないと感じたら、どんどん付け足していきましょう!
    目安は、赤ちゃんの肌がテカテカしている程度が良いです。

《手順 A 》 脚 マッサージ

    ・ 左右どちらの脚からはじめても構いません。
     体の中心から、遠い部分からはじめると、安心してマッサージを受けられます。
    ・ 今回はわかりやすく右足からはじめましょう。
    ・ ママ・パパの右手で赤ちゃんの右足首を下から支える。
    ・ ママ・パパの左手の親指を赤ちゃんの右股関節に当て、
     ギュっと外側へ絞るように、足首まで回るように滑らせる。

    ベビーマッサージ 脚
    ・ 続けてママ・パパの右手で同じように、赤ちゃんの太ももの裏から外側へ絞るように下りる。

    ☆ポイント 皮膚が重なっていて、汚れがたまる場所なのでしっかりと。
    ☆ポイント 足先は急に離さないでゆっくりと手を離していくと、安心感があります。


    ・ ママ・パパの右手で赤ちゃんのかかとを下から支え、左手で太ももをくるくるとマッサージ。
    ・ ママ・パパの右手で赤ちゃんの足の裏を押して足首が直角になるようにする。
      ふくらはぎをも同じようにくるくるとマッサージ。


    ☆ポイント 歩くときに必要なふくらはぎの筋肉を刺激します。

    ・ ひざが外へ向いていることを確認しながら、右足のかかとをおへそに近づける。
    ・ 少し右のお尻を持ち上げて、ママ・パパの左手でお尻をくるくるとなでる。
    ・ そのまま左右に揺らします。ゴロゴロ。
    ・ 足を元に戻して、もう一度右脚全体をなでおろす。
    ・ 左脚も同じようにやってみましょう!


    ベビーマッサージ やり方

《手順  B》 股関節 マッサージ

    ・ 赤ちゃんの両足首を下から支え、自転車こぎの要領で膝を屈伸。
    ・ 足先を持って左右にゆらゆら揺らしたりしながら、両脚をリラックス。
    ・ 赤ちゃんの両足の裏を合わせ、オムツ変えの要領で、おへそに近づける。
    ・ ママ・パパのもう一方の手で、お尻全体と腰の辺りまでくるくるとなでる。

    ☆ポイント お腹の裏側を温めることも、腸の動きの刺激になります。
    ☆ポイント オイルでお尻の皮膚を保護する。


    ウンチが直接、皮膚に直接付かないので、かぶれの予防にもなります。

    ・ ママ・パパの手の重みだけでそのまま左右に揺らす。
    ・ 最後に赤ちゃんの腰から足先まで、両手に力を入れずになでおろす。
     
    『まっすぐで長い脚になぁれ!』そんな願いを込めて、マッサージします。

《手順  C》 おなか マッサージ

    ・ 赤ちゃんのおなかにママ・パパの手を横向きに置く。
    ・ 手をずらさないように、手の重みだけで左右に揺らす。


    ☆ポイント ここでも、手のひら全体で赤ちゃんを感じてみましょう。

      赤ちゃんの『温かさ』を感じてください。
      赤ちゃんの『やわらかさ』を感じてください。
    ・ 次にママ・パパの手を縦に置き、手の重さだけで、時計回りになでる。


    ☆ポイント 腸の刺激になります。
    ☆ポイント 膀胱も刺激するので、おしっこも出るかもしれません!

    これは赤ちゃんが、リラックスしている証拠です。
    汚れを拭いて、嫌がらなければそのままマッサージを続けましょう。

    ベビーマッサージ おなか

《手順  D》 首、胸、うで マッサージ

      ・ ママ・パパの両手を赤ちゃんの胸に置く

    ☆ポイント 胸を温めることでさらにリラックスします。
    ☆ポイント 深い呼吸を促します。

    ベビーマッサージ 胸
    ・ そのまま肩までなで上げ、ハートを描くようにしてもとに戻る。
    ・ ママ・パパの手を赤ちゃんの肩に置き、肩を少し温め、指先までなで下ろす。
      なでおろす時、赤ちゃんの手のひらにママ・パパの指が入るようにする。

    ☆ポイント 手のひらも無理には開かないで!リラックスすると自然と開いてくれます。
    ☆ポイント 手は思っている以上に汚れています。汚れがたまっていないかチェック!
    ☆ポイント 安心したオイルを使っていれば、多少なめても構いませんのでご安心を。


    ・ 再び、ママ・パパの手を赤ちゃんの腰に置き、今度は腕を真横に開いていく。
    ・ 腕を開いたとき、ママ・パパの顔を近づけてキスをしたり息を吹きかけてみてください。
      赤ちゃんはとっても喜びます!
    ・ 肩が柔らかかったら、3回くらいに分けて腕を頭の上まで持っていく。
      バンザイのポーズが取れたら、リラックスできている証拠です。
    ・ 最後に再び、肩に置き指先までなで下ろす。
     
    『腕もまっすぐ長くな〜れ!』と願いを込めます。

    ベビーマッサージ 腕

《手順  E》 うつぶせにする

     ゴロンッ

《手順  F》 背中 マッサージ

    ・ 赤ちゃんの肩甲骨の上に、ママ・パパの両手を横に置く。
    ・ 手を交互に、背中を通しお尻までしっかりとなで下ろす。

    ベビーマッサージ 背中
    ・ ママの手をカップ状に丸め、背中の上からぽんぽんと軽くたたく。

    ☆ポイント 咳が激しいときはダメだけれど、痰からみの軽い咳をしているときは効果的です。
    ☆ポイント これが好きな赤ちゃんは多いです。泣いていても泣きやんじゃうかも!

    ・ 赤ちゃんが腕で自分の体重を支えられるようになったら、
      ママ・パパの両手を赤ちゃんの肩に置き、腕を後ろへ優しく引っ張る。
      腕を体に沿わせながら、そのままひじあたりまで滑らせる

    ☆ポイント 背筋は姿勢を保つ上でとても大切。
    ☆ポイント 赤ちゃんにとっては、かなりの運動量だから無理はしないで!
    ☆ポイント この姿勢ができると、うつ伏せ・ハイハイが楽になります。

《手順  G》 腰、おしり マッサージ

    ・ お尻を中心に円を描くように、くるくるとなでる。
    ・ 赤ちゃんの左足の膝を曲げ、内くるぶしがお尻に付くように曲げる。
    ・ ママ・パパの右手でその脚を手の重みだけで支え、左手でふとももの前面をマッサージ。
    ・ 右も同じようにやってみましょう!

《手順  H》 背中 マッサージ

    ・ 再び、背骨の両側を縦に滑るように足先までゆっくりなで下ろす
    ・ これでマッサージはおしまい!
    ・ 抱っこしてあげましょう!

《手順  I》 首の後ろ、耳の後ろ

    ・ ママの手の重みだけで、赤ちゃんの頭全体を、円を描くようになでる。

    ☆ポイント 乳児湿疹はオイルでのケアが効果的です。

    ・ 首の後ろ、耳の付け根をゆっくりとなでる

    ☆ポイント ごみがたまりやすかったり、湿疹ができていたりします。スキンチェックをしましょう。


《手順  J》 終わりのあいさつ

    ・ 赤ちゃんに終わりだよ、と声をかけ抱きしめる。
     
    『気持ちよかったね』とか『楽しかったね』と話しかけてください。
      きっと笑顔で返してくれます!

    『ベビーマッサージ』の最後に・・・
    ・ 赤ちゃんに、ミルク・おっぱいなど水分補給をたっぷりとさせてあげましょう。
    ・ このまま少し空気浴をするのもおススメです。
    ・ オムツ、着替えをしてゆっくり休ませてあげましょう。
      さぁ、明日からと言わずに、今日からはじめてみましょう!
      はじめから、全部のステップをやろうとしなくてもOKです。
      できるところから、できるところだけ、はじめてみてくださいね。
      ベビーマッサージは
    『赤ちゃんを感じながら』、『赤ちゃんとおしゃべりしながら』
      これをお忘れなく!

    ベビーマッサージ ママも楽しかったよ♪

    今回のベビーマッサージのやり方は、ひとつの目安です。
    ベビーマッサージに慣れたら、その子の好きな順番で構いません。


もっとベビーマッサージを楽しみたい方はこちら      

【コンテンツ提供者】

ベビーマッサージ専門店オイルドロップス
ベビーマッサージを通して家族の絆を深めたい。
電話  0120-313-646
受付時間 午前9:00〜午後5:00 土日祝祭を除く

お申し込みはコチラからどうぞ